ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理

自己処理(じこしょり)は、脱毛について言うと、ちょっと特別な用語です。


ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通っていれば、エステティシャンが脱毛施術をしてくれますが、そうではなくて、自分自身でムダ毛を除去すること『自己処理』と呼んでいます。


ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が完了するまでの間は、自己処理が必要です。


ムダ毛の自己処理は、肌に負担をかけるデメリットもあるため、自己処理について正しく理解しておくことは重要です。ムダ毛の自己処理をするときの注意点をまとめてみました。


自己処理の基本ルール

自己処理の基本ルール

ムダ毛の自己処理には、ひとつ大きな基本原則があります。それは、なるべく肌へ負担をかけない方法が良いということです。


この意味で『自己処理方法はできるだけ、ムダ毛を抜く方法では無く、途中でカットする方法が良い』ということになります。


ムダ毛を抜くと肌にかなりダメージを与えてしまいます。


ムダ毛を抜くと、毛根の周囲の組織も一緒に引き抜くことになってしまいます。ムダ毛を抜くと、毛根部に柔らかい組織が付着していますが、あれが肌の組織の一部です。


ムダ毛を抜くと痛みがありますが、実際、肌にも大きな負担がかかっています。無理やり肌、皮膚を引きちぎってムダ毛を抜いているようなイメージです。

毛抜きは、ピンポイントで使うには便利ですので、「このムダ毛1本を抜く」という時には適している場合もあります。それでも、ワキを全部毛抜きで処理するなど一定の広さ以上で行うのは避けた方が良いです。


これに対して、ムダ毛を途中でカットする方法の代表的なものはカミソリで剃ることです。


ムダ毛をカミソリで剃ると、毛根部はそのままに、ムダ毛を途中からカミソリの刃でカットして除去することになります。カミソリは、正しく使えば、毛抜きよりも肌へのダメージを抑えることができます。

カミソリで剃ると、ごく薄くですが皮膚の表面を削り取ることになります。このダメージを最小限に食い止めるため、自己処理前後のケア(温め・冷やす・保湿)を忘れないようにしましょう。


ムダ毛を抜く系統の自己処理方法

毛抜きだけでなく、脱毛ワックス脱毛テープもムダ毛を抜く系統の自己処理方法にあてはまります。


脱毛ワックス、脱毛テープは、毛抜きの大規模版、一気版とも言えるものです。体験済みの人もいるかも知れませんが、痛みもとても大きく、肌へかかる負担が非常に大きいことが分かります。


ムダ毛を途中でカットする系統の自己処理方法

カミソリだけでなく、電気シェーバー脱毛クリーム(除毛クリーム)も、ムダ毛を途中でカットする系統の自己処理方法です。


脱毛クリーム(除毛クリーム)は、ムダ毛を溶かすもので、毛根部はそのまま残ります。ただし、比較的強い薬剤を使いますので、自分の肌との相性は十分注意するようにしましょう。


自己処理前後のケア

自己処理前後のケア

ムダ毛を自己処理する前後には、3段階のケアがおすすめです。


@自己処理前には温めて、ムダ毛を柔らかくして毛穴を開かせる
A自己処理後には冷やして、肌を引き締める
B最後に保湿ケアを行う


この3点ですが、蒸しタオルを使うととても便利に行えます。


蒸しタオルは、濡らしたタオルをラップで包み、電子レンジで30秒程度温めると簡単に作ることができます。温める時間を変えて好みの温度に調節できます。


蒸しタオルは、温かいうちには@の前処理に使い、冷えてきたらAの後処理に使うことができます。


温めて肌から逃げた水分を補うことも重要です。肌のケアは、「最後は保湿」が重要になります。自己処理後の保湿ケアも、ぜひ忘れないように行いましょう。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 池袋店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!